ガンダムMk−U ティターンズカラー

RX-178 GUNDAM Mk-U
機体解説
登場シリーズ:機動戦士Zガンダム
パイロット:カミーユ・ビダン、エマ・シーン、ジェリド・メサ、カクリコン・カクーラー

ガンダムMk-Uは1年戦争で大きな戦果を残した名機RX-78ガンダムの実質的な後継機である。
ティターンズがその正当性を軍内や世間に誇示するためにガンダムの名を冠し、開発を行った。純粋に連邦系技術のみで開発され、初めて本格的ムーバフルフレームを搭載した機体でもある。

ムーバフルフレームとは可動重視の装甲分割を行い、必要に応じてフレーム、装甲をスライドさせる構造であり、極めて人間に近い動きが可能となっている。
これにより機動性、運動性の向上に加え、整備性も非常に高いものとなった。

ガンダムMk-Uは4機の存在が確認されており、劇中では3号機はカミーユ・ビダンにより奪取され、その後、1号機と2号機もエマ・シーンのティターンズ離反によりエゥーゴに渡っている。
この際に機体色を黒から、白と黒のツートンカラーにされたのはカミーユの乗った3号機である。
4号機に関しては以前の高軌道実験中に墜落事故を起こしている。

結果的にティターンズが開発したものであるにも関わらず、反勢力のエゥーゴにおいてカミーユらのニュータイプ能力も相俟って多大な戦果を挙げ、後の百式、Zガンダムの基礎を作り出し、グリプス戦役後も幾多の戦場を戦い抜くこととなったガンダムMk-Uは、Gを継ぐ者の名に恥じない名機となった。

参考資料:ガンダム wikipedia ガンダムMk-U

コメント
自店舗から購入。エゥーゴカラーと違い単体のみでの販売です。
目を引くモノが無い代わりに安価で、またキットのバランスも非常にいいのでコレクション性に優れた商品ですね。
武装以外は色分けはほぼ完璧。無塗装でも十分に映えます。
可動はHGUC準拠に加えて肩とつま先が可動するのでポーズがよく決まります。
唯一残念なのが左の平手と右の握り手がないことぐらいかな。安心して作れるキットでした。

キットオススメ度★★★★☆


 
フロント・リア プロポーションは良好。バズーカは腰の後ろにマウントできます。

 
設定カラーをおもいっくそ間違えて塗ってますがもうそのへんはカンベンしてくださいorz=3
頭部のバルカンポッドは取り外し可能。シールドは腕部にジョイントで接続。取り付け場所が二つあります。

 
可動範囲は標準より若干広め。肩は上下前後に若干スイングできます。ウマー。

 
バズーカはグリップ部が可動するので無理なく肩に担げます。

 

 
サーベルラックは可動ギミック等ありませんが取り外しはできるので、抜刀ポーズの再現はできます。ビームサーベルは一体成形のものだったので、サーベル部を余ってたクリアのビームサーベルに取り替えました。

 
参考にはならないけど一応旧キットMk-Uと比較。
ガチムチだった旧キットから一気にスマートでシャープに。毎度、技術の進化に関心しちゃいますね。

 
「ガンダムMk−U、これより戦闘空域に入る!」ズバー



 

 
撮影中に、作ったビームサーベルの手がどっかにいっちゃいました。ありえないです。






左の平手があればサイコーでしたけど、よく出来てるキットです。ティターンズカラーがイヤじゃなければ安いし、買って損はないと思います。
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO