ガンダムF90 1号機

F90 "GUNDAM F90"
機体解説
登場シリーズ:機動戦士ガンダム F91 フォーミュラ戦記

ガンダムF90は、フォーミュラ計画において、サナリィによって開発された新規格の小型モビルスーツである。機体の小型化にともない、スラスター推力など、運動性が大きく向上し、単体として見てもそれまでのMSを凌駕する性能を持つ。

また、F90には擬似人格OS「TYPE-A.R」を搭載している。頭文字からしておそらくアムロ・レイの擬似人格を作り出しインストールしているものだと思われ、劇中では相手の行動を先読みしたり、とっさに機体の重要な箇所をガードするような行動を取ったりしている。また、2号機には「TYPE-C.A」が搭載されており、こちらはシャア・アズナブルの擬似人格を内臓したものと思われる。

F90最大の特徴としてミッションパックと呼ばれる、状況に応じてオプション兵装を各部に設けられたハードポイントへ増設することが可能なシステムを採用していることである。
これによりF90は実に十数種類以上のタイプに換装することが可能であり、高い汎用性を持つことに成功している。

その中でもV-TYPEは後期に開発されたミッションバックであり、最新兵器のヴェスバー(V.S.B.R.=ヴァリュアブル・スピード・ビーム・ライフル=可変速ビームライフル)を試験運用するためにF90へ搭載された。
大出力のヴェスバーを運用するために、F90のジェネレーターも新型のものに換装されているが、機体の放熱量の問題をクリアできなかったため、各部に放熱フィン兼スタビライザーを設置している。また、機体出力の増加によりビームシールドも使用可能となり、攻防極めて強力なMSへと進化している。

コメント
ガンダムF90です。青と白を貴重としたデザインが好きで、けっこうお気に入りのキットであります。フェイスに関しては昔のキット故、かなり縦に長かったので一度マスク部を切り離し、削り込んで再接着しています。手順だけで言うと単純なんですけど何度もくっつけたり剥がしたり削ったりの繰り返しで、全体的にバランスが崩れてしまったのが今回最大の心残りです。orz
別のタイプもあることですし、できればまた作ってみたいキットですね。

キットオススメ度★★★☆☆


 
フロント・リア 頭部のフェイスを除いて全て素組です。頭身は高めで旧キットのわりにかなりの良プロポーション。

 
F90の標準装備はシールド、ビームライフル、ビームサーベルx2とアッサリめ。

 
可動範囲 こちらは旧キット故、あまり動かず。
腰も回転しませんので改修する方はご注意。

 
足首は形状のおかげか非常に広い設地性になっているのがグッドゥ!左右の円形パーツを削ればもっと広がるみたいです。
F90最大の特徴であるミッションパックの換装のため、各部にハードポイントが設けられています。

 
シールドはバックパックにマウント可能。腰後部にもハードポイントがあり、三つのアームでバズーカなども保持可能です。(Vタイプには付属しませんが。)



 





 





 



 




ガンダムF90 V-TYPE


新型兵器ヴェスバーの試験運用を目的に開発されたオプションタイプ。F90本体もジェネレーターの高性能化など改修が加えられている、F90としてはおそらく最強の形態。


各ハードポイントカバー、バックパックをすべて取り外します。

 
フロント、リア このゴテゴテ感がタマラナイ。塗装がきちゃなくてごめんなさい・・・。

 
ヴェスバーの基部はボールジョイントなので比較的自由が利きます。F90と同じビームシールドが付属。

 




定番のフルバースト!!


Vタイプ付属装備をフルイクウィップ。ヴェスバーキャノン!とか、いろいろ遊べます。

旧キットでもやはりF90はかっこいいです、個人的に大好きなので組めたことが嬉しい。機会があればF90Uや、他のオプション装備のものも作っていきたいですね。


デフ「A.Rの力・・・ガンダムの力だと・・・?」

「これはオレの力だ!!!」

F90最終戦より。
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO